土壌汚染対策法・土壌汚染状況調査 line

平成15年2月15日から「土壌汚染対策法」が施行され、使用が廃止された有害物質使用特定施設に係る工場または事業場の敷地であった土地、および都道府県知事がその土地の土壌汚染に起因して人の健康に係る被害が生ずるおそれがあるものとして認める土地の2つについて環境省の定める指定機関が調査することが義務付けられました。弊社ではこれまでに培ったボーリング・サンプリング技術を生かし土壌・地下水汚染問題に取り組んでいます。

土壌汚染対策法の概要 土壌汚染対策法の概要

土壌汚染対策の流れ
bar
調査 目的に応じて、既存資料等の調査から汚染実態と汚染源の把握や汚染機構の把握等詳細調査までをおこないます。
分析 現場での簡易分析や水質・土壌ガス分析等公定法による分析をおこないます。
解析 地質構造解析、地下水動態解析、汚染物質の挙動解析、修復工法の検討などをおこないます。
修復 土壌汚染の修復には様々な対策が考えられますが、土壌ガス吸引法、地下水揚水処理法等を利用した修復をおこないます。
モニタリング 汚染の広がりの監視や修復対策後のモニタリング等をおこないます。指定地区の解除にもモニタリングが必要です。

若葉 土壌・地下水汚染調査システム
弊社は地質・地下水調査の分野で築き上げてきた確かな技術をもとに、正確でスピーディな調査を実施します。
現地調査・サンプリングの実施
矢印
簡易ボーリング
簡易ボーリング
土壌ガス採取
土壌ガス採取
ボーリング調査
ボーリング調査
見開き

土壌汚染対策法に基づく分析の実施
矢印
金属類の分析機器
金属類の分析
揮発性有機化合物の分析
揮発性有機化合物の分析
土壌・地下水汚染の原因となる対象物質と主な用途
矢印
見開き

土壌汚染の評価 対策工法の検討・立案 対策工の実施
矢印



line
株式会社 萩原ボーリング
■このサイトに関するご質問やご感想などは、info@hagibor.co.jpまで電子メールでお送りください。

Copyright2013 (C)HAGIHARA BORING CO.,LTD All rights reserved.