news line

●  ボアホール(孔内)テレビュア 調査
温度・電気伝導度・自然放射能検層ゾンデ
掘削中の水井戸・温泉井戸では、裸孔部分の崩壊を防止するため泥水の使用は避けられず、光で孔壁を照らすボアホールカメラは使用不可能になります。 ボアホールテレビュアは、高周波の超音波をビーム状にして回転させながら孔壁に照射し、孔壁からの反射波とその伝播時間を測定することで、 孔壁の性状を画像化する装置です。超音波を使用するため、上記に示すようなボアホールカメラの制約がありません。


● 特 徴
bar
孔壁を画像化し観察できる装置は,ボアホールカメラとボアホールテレビュアの2種類がある。当社はその両方を所有。
両者の違いは,ボアホールカメラが清水中でしか使用できないのに対し,ボアホールテレビュアは掘削中の泥水中でも問題なく使用できる点である 。
ボアホールカメラの入らない小口径の孔井でも挿入可能 。
ボアホールテレビュアで岩盤の割れ目の状況を明瞭に捕え,孔明管の最適な挿入位置を決定。電気検層・ソニック検層など他の手法と併用すると,さらに精度が向上 。


● 検層結果例
bar
温度・電気伝導度・自然放射能検層結果
● 仕 様
bar
測 定 種 目 使 用 条 件 主 な 用 途
反射波の検出
水中音波の検出
方位・傾斜角の検出
最大深度:2,000m
適応孔径:66~180o
検層速度:3m/分
使用環境:70℃以下
裸孔・ケーシング孔
孔内水必要(泥水及び清水可)
孔内壁面の画像化
破砕帯・クラックの判定
地質構造の傾斜判定
孔内の応力状況の把握

孔明管の最適挿入位置の決定


測 定 種 目 概    要 主 な 用 途
電気伝導度 孔内水の電導度の分布 流入・流出箇所の識別
貯留層の把握
温  度 孔内の温度 温度分布の把握
逸水・湧水箇所の把握
示差温度 1m上部の地点との温度差(計算) 温度変化箇所の明確化・強調
自然放射能 地層から受信器に飛来するγ線数
(1秒当たりのパルス数(cps)で表示)
地層境界の把握
断層破砕帯の推定

line
株式会社 萩原ボーリング
■このサイトに関するご質問やご感想などは、info@hagibor.co.jpまで電子メールでお送りください。

Copyright2013 (C)HAGIHARA BORING CO.,LTD All rights reserved.